【高崎の空き家売却】査定依頼物件の調査報告

query_builder 2021/11/13
空き家

こんにちは。

本日は査定依頼を受けていた不動産の調査内容および査定結果のご報告をしてきました。


この不動産は、ご相談者様が今年相続したもので、今後ご利用の予定もない高崎市の【空き家】です。


当社調査の結果、売却のネックとなりうる部分は下記の事項です。


・当該宅地の一部が土砂災害警戒区域に指定されている。

・前面道路の半分程度が第三者の私有地である。

・周辺にお墓が点在する。

・建物が古く利用するにはリフォームが必要となる。


これらの内容をしっかりとご説明させていただき、査定金額にもご納得いただけましたので、後日、媒介契約を締結する予定です。


媒介契約締結後の販売活動に関しては、解体更地渡しの土地売却または、現況での中古住宅売却2通りの募集を考えております。


売却方法は不動産の状況により、最良の方法を選択しますが、ご依頼者様のご要望等も加味して決定いたしますので、ご利用予定の無い【空き家】【空き地】等ご所有の方は、お気軽に当社無料査定をご利用ください。

記事検索

NEW

  • 【高崎の空き家売却】実家じまいの大失敗

    query_builder 2022/06/21
  • 【高崎の不動産売却】ご近所様からの査定依頼

    query_builder 2022/06/14
  • 【本庄市の空き家売却】解体工事補助金申請

    query_builder 2022/06/09
  • 火災保険と雹(ひょう)

    query_builder 2022/06/03
  • 【藤岡市の不動産売却】査定依頼物件の調査

    query_builder 2022/05/31

CATEGORY

ARCHIVE